イスラム教を理解する

マレー系イスラム教徒が集うエリアとして知られるアラブストリート。イスラム教徒達のお祈りの場として欠かせないモスクあり、中東系レストランあり、と、ムスリム独特の雰囲気が漂っている中、一般の観光客も気軽に足を運べる場所として人気です。

・サルタンモスク
アラブ・ストリートと言えばサルタンモスク、と言われるほど、アラブ・ストリートのシンボルとして君臨するこちらのモスクは、一般の観光客でも入場可能です。 ただしこちらはムスリムの方々にとって毎日のお祈りを捧げる最も神聖な場でもありますから、最低限のルールやマナーは厳守しましょう。

特に肌の露出が多い服装での入場は厳禁ですので、モスクへの見学を予定するなら服装にも配慮しましょう。 基本的にはお祈りの時間以外でしたら16時まではいつでも見学可能ですが、毎週金曜日だけは特別礼拝があるので避けた方が良さそうです。 宗教色が強いだけあって、一歩中に入ると何とも言えない緊張感と張りつめた空気が印象的な場所です。

・エスニック雑貨ショッピング
アラブ・ストリート自体がそう大きな通りではないので、通り全体を見て回るのにもそう時間はかかりません。ですからこのエリアに集結しているエスニックテイスト満載の絨毯や布類、カゴバッグに異国情緒あふれるランプなどの雑貨類などを取り扱うユニークなお店達も、ひとつひとつじっくり見られるはず。

とは言われても本格的な絨毯なんて重たくてお土産に買って帰るなんて無理!と諦めるのは早いですよ~。 絨毯を扱う専門店ならではのちょっとした雑貨類もあったりもするので、じっくり探してみて下さいね。 その他にもランチョンマットや素敵な香水ボトル、エスニック情緒溢れる素敵なランプ達などなど、見ているだけでも楽しめるショップが目白押しです。

・ザムザム(ムルタバレストラン)
せっかくアラブ・ストリートまでやって来たのだったら、是非食べて帰って頂きたいのがムルタバですね。ムルタバは日本でもお馴染みのナンの様な生地に味付きの色々な具材を混ぜて焼いたもの、と言うイメージですね。要は具入りナンとでも言いましょうか…。 これが!病み付きの美味しさなんです!中でも、このザムザムと言うお店のムルタバは地元の方々にも大人気なので、常に沢山の人々で賑わっています。例え店内で食べる勇気が無い…と言う方でも持ち帰りできますから、是非是非、お試しあれ!

Copyright © 2017 英語をシンガポールで勉強 All Rights Reserved·