シンガポールフライヤーで遊ぶ

マリーナには家族でもカップルでも楽しめるお薦めスポットが盛りだくさん! 最低でも1日くらいはマリーナ周辺散策専用の日を作りましょう。

・シンガポールフライヤー
世界最大の観覧車として知られているシンガポールフライヤー。 28人乗りという大型ゴンドラは360度全方位型で眺望抜群です(高所恐怖症の方は注意!)。1周にかかる時間はおよそ30分程度。 このシンガポールフライヤー、さすがだな~と思うのが単にアトラクションとしての施設に甘んじていない所。フライヤーの乗り場に到着するまでの区間にはあらゆる工夫が施されていて、思わず時間を忘れて見入ってしまうくらいの充実ぶり。

子連れのファミリーでも十分に楽しめると思います。 フライヤー内は中央にベンチがあるのみなので、立つのも座るのも自由時自在です。 ちなみにランチやディナーの時間帯に訪れた場合には、観覧車の基部になっている部分がレストランやショップが出店するちょっとした商業施設となっているので、そちらを利用しても良いと思います。 なかでも老舗が軒を連ねる屋台街「シンガポールフードトレイル」では、一通りのローカルフードが手ごろな価格で食べられてお薦めですよ~。

・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
超巨大なガラスドームの中に作られた心地よい楽園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、これまでの植物園のイメージを180度変えてくれるはず!大人も子どもも一緒になって楽しめるユニークな植物園です。 現在建設途中のエリアもあるのですが、既に見ごたえ十分! 現段階で入場可能な春ののどかな気候を再現した「フラワー・ドーム」内には、世界中から集められた色とりどりの花々が咲き誇っているほか、珍しいボトルツリーやサボテン達を見る事もできます。

更に人口高山が圧巻の「クラウド・フォレスト」は高山の気候を再現しているので、ドーム内はひんやりとした冷たい空気が漂い、人工的に造られた雲が浮かぶ幻想的な世界が広がっています。 高山の周りを囲むようにして遊歩道も造られており、ガラス張りのドームの壁ごしに外の景色を眺める事も出来て最高に気分がいいんですよ~。ここはかなりお薦めです。 これでもまだほんの一部しかオープンしていない事になるそうなので、完成して全てのエリアがオープンした暁には、全てを見るのに1日だけでは足りないかも?!楽しみです。

Copyright © 2017 英語をシンガポールで勉強 All Rights Reserved·